TEASER

?




 

                    INTRODUCTION

 

  『日本で1番面白いDVDを作ろう』

これが全ての始まり。

この5年間かけて築き上げた、スキル・信頼関係・環境、全てがこの作品の為だとしか思えない。

何回もクルーで話し合い、ぶつかり合い、理想を現実にしようと必死になった5カ月間の記録が今、1つの作品に。

 

『日本で1番面白いDVD』という"原点"に帰った作品。

しかしシーズンが終わった時に、メンバーにとっての"原点"は"原点"で無くなっていた。

そこにあったのは、
ようやく形を成した"HYWOD"の、全く新しい"原点"だった。

 

 

 

4方向のダブルコークを引っ提げて、世界の大会・パークに挑戦する、若き日本のエース『角野友基』


日本のトップJIBBERとして、そのスタイルで数々のストリートレールを制覇する『上村好太朗』


パウダーを追い求め、ライン・ナチュラルジャンプ、地形遊び、、、山を愛し、山で遊ぶ男『小池学』


新たなスノーボードに目覚め、前人未到の崖・土に挑戦するオリジナルなスタイル『横田真央人』


流れに逆らわないナチュラルなスタイルを追求し続け、スムースなラインのスノーボードを開拓する『藤田一茂』


活動の場を少しずつフィルミング中心に移し始め、パークでもバックカントリーでもその勢いを余すとこなく見せ続ける『岡本圭司』


そして、シーズンを途中で終えることなく、初めてフルシーズンを思いのまま過ごした『田中陽』は、誰にも真似のできない獣の様なライディングでフリーラン・ストリートレール・ナチュラルジャンプ・パークライディング、全てにおいてダントツの勢いで驚愕のフッテージを残し、日本を代表するライダーへと名乗りを上げる。





他にも、阪西翔・平田巧・山下龍に、稲村兄弟、溝端シンヤなどの新ライダーも加入し、かつてないトリックバリエーション・ロケーションの多さ・スタイルでHYWOD史上最高の作品が今、完成する。





HYWOD FILM CREW

岡本圭司(VOLKL)      田中陽(ATOMIC)

藤田一茂(HEAD)       角野友基(RIDE)

横田真央人(CAPITA)    上村好太朗(BURTON)

小池学(ROME)        阪西翔(O'NEILL)

平田巧(FLOW)        山下龍(CAPITA)    


稲村樹(SALOMON)     稲村奎汰(VOLKL)

DVD IMAGE








TEASER

 

 

TOPへ
O'NEILL VOLKL 鷲が岳スキー場